難敵現る!!アリ軍団が出力抑制!?

お世話になります、エネテクの松尾です。

 

先日、PCSが停止しているようだとの連絡を受け、現地へ確認に行ったところ、当該発電所のPCSが全て停止していました。

 

遠隔監視装置を確認すると、遠隔監視装置の上部にアリが巣を作っており、このためか遠隔監視装置がフリーズしておりました。

ご存じの方も多いかと存じますが、出力制御が実施されている地域で、出力制御装置(遠隔監視装置)とPCSの間で通信できない状態が続くと、PCSは自動的に停止する仕様になっており、遠隔監視装置がフリーズしたことが原因でした。

 

幸いにも遠隔監視装置は再起動により正常に動作し、PCSも通信が回復したことにより、正常に発電するようになり、蟻の再侵入を許さないように対応を行い作業は完了しました。

 

本ブログでも、蟻による被害はいくつか紹介させて頂いておりますが、改めて、蟻の脅威と配管貫通部などの防水、防塵、防虫処理の重要性を痛感しました。

同じカテゴリーの記事

シェアする

Twitter

Facebook

お問い合わせ・ご相談・お見積り

産業用・住宅用 太陽光発電システムの点検・メンテナンス、緊急の故障・トラブルなど
些細なお困りごともお気軽にご相談ください。

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【北海道・東北地方】北海道|岩手県|宮城県
【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県|新潟県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県
【中国地方】広島県|山口県
【四国地方】徳島県|香川県|高知県|愛媛県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
電話する お問い合わせ