点検の落とし穴

カテゴリ :

点検レポート

こんにちは

エネテクディライト関東サービスセンターの吉田です。

 

今回は思わぬ落とし穴、

その代表格の ”ヒューズ切れ〟のお話です

 

先日お伺いした発電所でもヒューズ切れがありました。

 

点検の際にDCコネクタを外して、若しくは遮断器を開放してP側・N側とプロービングして様々な機材で不具合を確認します。

 

 

太陽電池モジュールの不具合を探そうと、

IVカーブ見たり、

開放電圧や内部抵抗を計測して

異常なし!

と点検を終えてしまい、

 

外したコネクタを戻して、

パワコンを再起動して、

モニターで動作確認して点検終了・・・・・

 

よくある点検風景かと思います。

 

例えば、開放電圧が「782V出ている・・・OK!」となります。

 

パワコンを起動して電流値を見ると・・・・

1回路がほぼ〝ゼロアンペア〟

これは発電していないことになります。

 

正常な回路は6アンペアほどありました。

 

私達が出力の低下でご相談を頂き、調べてみるとヒューズが切れていたという話がよくあります。

 

いくらモジュール側が健全な状態でも、発電していないのでは不具合と変わりません。

むしろモジュール1枚や2枚の出力低下では無く、1回路が発電していないことになるので大きな損失です。

 

もうひと手間かけてパワコンの再起動後に各ストリングの電流値を計測してみたら判る不具合です。

 

このひと手間に「拘る」のか「軽視」するのかで

点検の質がわかる気がします。

 

当たり前の確認、点検作業を丁寧にやる

それがソラパトのコダワリです。

シェアする

Twitter

Facebook

お問い合わせ・ご相談・お見積り

産業用・住宅用 太陽光発電システムの点検・メンテナンス、緊急の故障・トラブルなど
些細なお困りごともお気軽にご相談ください。

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【北海道・東北地方】北海道|岩手県|宮城県
【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県|新潟県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県
【中国地方】広島県|山口県
【四国地方】徳島県|香川県|高知県|愛媛県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
電話する お問い合わせ