直列枚数は揃えましょう

カテゴリ :

10 その他

お世話になります、エネテクの松尾です。

 

先日伺った発電所にて、精密点検を実施するためPCSを停止後、安全を考慮し、各ストリングに電流が流れていないことを確認するため電流計で測定すると、通常時と同等の電流が流れているストリングが見つかりました。

 

このままでは点検のためにストリングを切り離す際アーク(火花放電)が発生し、機器の焼損や作業者の感電・火傷につながる恐れがあるため調査を行ったところ、下図のように直列枚数が異なるストリングが、PCS内で並列に接続され、その電位差で逆流していることが原因でした。

 

 

 

運用時においても逆流によりパネルの損傷など安全な運用を阻害するだけでなく、発電量の低下につながってしまいます。

 

国内メーカーの接続箱などでは逆流防止ダイオードが備わっており、上記のような症状を防ぐことができるものもあります。

 

また、小型PCSにおいてもストリング単位でMPPTを行うものなど、内部回路の構造の違いで逆流しないものもございます。

 

しかし今回の設備では、上記のような構造ではないため、PCSの構造を再度確認し、下図のように別々のMPPTに接続されるように繋ぎ変える対応を致しました。

 

 

 

これにより、点検時の危険回避はもとより運用時における機器の損傷や発電量低下は回避できましたが、長期安定運用を考えた場合には、ストリングの直列枚数は揃えることをお勧めします。

 

余談ですが、身近なところで乾電池を使用する際、種類の異なるもの、新しいものと古いものを一緒に使用すると、上記事案のように電位差で電池の破損につながる恐れがありますのでご注意ください。

同じカテゴリーの記事

シェアする

Twitter

Facebook

お問い合わせ・ご相談・お見積り

産業用・住宅用 太陽光発電システムの点検・メンテナンス、緊急の故障・トラブルなど
些細なお困りごともお気軽にご相談ください。

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【北海道・東北地方】北海道|岩手県|宮城県
【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県|新潟県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県
【中国地方】広島県|山口県
【四国地方】徳島県|香川県|高知県|愛媛県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
電話する お問い合わせ