ブログ
- BLOG -

バイパスダイオード開放故障

2018/03/19

こんにちは。
ソラパトを契約しているお客様の発電所で、
バイパスダイオード開放故障のモジュールを発見しました。

バイパスダイオードは太陽光パネルに部分影(故障を含む)ができた時、電流をバイパスし発電効率の低下を防ぎます。
開放故障していると、影ができた時強引に不具合セルに電流を流すため発熱し、火災を引き起こす危険性があります。

不具合のモジュールに影を作ると、開放故障しているクラスタの部分が発熱している事が確認出来ます。
この状態異常が無ければバイパスダイオードに電流が流れ、発電量の低下は1枚分ですが、
バイパスダイオード開放故障のクラスタに影ができると、影響はそのストリング全体に及びます。

バイパスダイオードの開放故障は専用の測定器でないと検査する事が出来ません。
今回はHIOKI製 FT4310 にて不具合のモジュールを確認する事ができました。
ソラパトでは、様々な機材を使用して点検をする事ができます。

2222

22222

2222

お問い合わせ・ご相談・お見積り

産業用・住宅用 太陽光発電システムの点検・メンテナンス/緊急の故障・トラブル、些細なお困りごともお気軽にご相談ください。

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【北海道・東北地方】北海道|岩手県|宮城県
【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県|新潟県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県
【中国地方】広島県|山口県
【四国地方】徳島県|香川県|高知県|愛媛県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
電話する お問い合わせ