なぜ太陽光発電メンテナンス?
- WHY -

あなたの太陽光発電、きちんと動いていますか?
太陽光発電システムは
メンテナンスフリーではありません

自然災害から経年劣化・故障、イタズラや雑草の繁茂まで、 様々な原因によって太陽電池モジュールやパワコンにトラブルが発生します。
もともと天候により発電量が前後する太陽光発電システムは故障やトラブルによって発電効率が低下していても、発電量モニターを見ているだけではなかなか見抜けません。 売電事業において発電効率の低下やシステム停止に気づかず売電機会を損失する事は、
投資回収が計画通りに行かなくなる事にもつながり、重大な投資リスクの一つと言えます。

実は多くのトラブルが潜み、長期安定稼働を脅かしています!

  • パネルの破損

    パネルの破損

    台風や強風による飛来物や投石などのイタズラでパネルが割れたり・ヒビが入るなどの損傷を受ける事で発電効率が低下します。定期的な目視や専門機器でのチェックが必要です。

  • ケーブルの破損・外れ

    ケーブルの破損・外れ

    パネルやパワコンに異常がなくても、それらをつなぐケーブルに経年劣化や破損がある事も。その影響でパワコン本体が故障するケースも考えられます。

  • 雑草の繁茂

    雑草の繁茂

    野立ての太陽光発電システムの場合、生い茂った雑草が影となり発電効率を低下させる事があります。定期的な除草や、防草を施す必要があります。

  • 架台の破損や緩み

    架台の破損や緩み

    架台の破損や歪み、またボルトなどの緩みが発生する事で、天候など様々な原因でパネルや機器の破損につながったり、最適なパネルの角度を維持できず発電効率が低下する事があります。

  • パワコン・機器の不具合

    パワコン・機器の不具合

    太陽光パネルに問題がなくてもパワコンや各種機器に故障・破損がある事で発電効率が低下したり、システムが停止する事があります。各種機器へも専門的な点検・検査が必要です。

  • パネルの汚れ・糞害

    パネルの汚れ・糞害

    パネルの汚れによる発電量低下や、糞害によるホットスポットが発生しパネルの焼損などが発生します。定期的な清掃が必要です。

  • 落雷による破損

    落雷による破損

    太陽光発電システムの周辺に落雷があった場合、ケーブルなどを通じて高圧の電圧がパワコンへかかり、破損・故障につながる事があります。

  • 積雪による破損

    積雪による破損

    豪雪地域では積雪の重みにより架台の破損や歪みが発生する事があります。架台が破損する事で、設置してある太陽光パネルや機器が破損する事も考えられます。

  • バスバーの剥離による出力低下

    バスバーの剥離による出力低下

    経年劣化によりセルとバスバー(電極)が剥離するとセルが発電した電気を流すことが出来ないため、出力低下につながります。

  • バイパスダイオードのショートによる出力低下

    バイパスダイオードのショートによる出力低下

    バイパスダイオードがショートするとクラスター側に電気が流れなくなり、大幅な出力低下となります。初期不良でも良く見る症状です。

  • セルのショート・クラックによる出力低下

    セルのショート・クラックによる出力低下

    モジュールに圧力が加わった場合に良くみられる現象です。徐々に出力が低下することがあるため、定期的な検査が必要となります。

  • 鳥の巣

    鳥の巣

    屋根と太陽光モジュールの隙間に鳥が巣を作ることがあります。鳥がモジュールのバックシートやケーブルを傷つけ破損させる事があります。

  • 施工時の異物混入による短絡・焼損

    異物混入による短絡・焼損

    接続箱内に異物(配線クズ・小動物・昆虫など)が入り、ショート・焼損することがある。発電量の低下だけでなく、最悪の場合火災につながることも。

  • 施工ミスによる直流ケーブルのループ接続

    施工ミスによる直流ケーブルのループ接続

    施工時のミスで多い太陽光パネルの接続間違い。ストリング間の電圧に差が出るので、出力低下につながる。きちんとした竣工検査が必要です。

  • 施工ミスによる直流ケーブルのPN極性逆接続

    施工ミスによる直流ケーブルのPN極性逆接続

    回路の配線ミスは出力の低下だけでなく、時には重大な災害につながる場合があります。きちんとした竣工検査が必要です。

  • 締め付け不足によるモジュール押さえ金具の脱落

    締め付け不足によるモジュール押さえ金具の脱落

    固定金具が外れると、太陽光モジュールが落下し人身事故を引き起こす可能性があります。定期的な点検が必要です。

トラブル事例について詳しくはコチラ

長期に渡る安定稼働のために、
太陽光発電のプロへおまかせください

ソラパトは他社が施工した太陽光発電システムでもご対応可能です

IR検査

ソラパトでは一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)が制定した保守点検ガイドラインの定期点検要領に準じた点検を行い、安定・安全な運用をサポートします。
太陽光発電に特化した検査技術を取得した検査員が検査を行い、診断結果を点検レポートとしてお届けします。
過去の測定データとの比較により、異常や経年劣化が確認する事が出来る為、定期的な点検をおススメします。

ソラパトを運営する株式会社エネテクは太陽光発電協会・太陽光発電検査協会の会員です。

JPEA・PIAロゴ

設計施工・メンテナンスまで多数の実績

除草前後

ソラパトを運営する株式会社エネテクは、メガソーラーも含め多くの太陽光発電システムを設計・施工・管理を一貫して行う数少ない企業です。
点検・メンテナンスも専門の有資格者が検査を行い、確かな実績と経験からお客様に安心をご提供いたします。

万一の際も迅速に現場急行

除草前後

監視装置による異常通知や、停電時の手動復旧などのお客様からのご連絡に、迅速に対応し現場に駆けつけ、売電機会損失を最低限に食い止めます。

最新の専門機器を保有

除草前後

セル単位の劣化・故障も可視化し明確に診断が可能なEL(エレクトロ・ルミネッセンス)検査機器をはじめとした太陽光発電システムの点検・検査に特化した多くの専門機材を保有しています。

点検・メンテナンスサービスについて詳しくはコチラ

お気軽にご相談ください

お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県|徳島県|香川県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり