トラブル事例
- TROUBLE -

接地配線不良

zetuen

 

安全性の確認のため、接地抵抗測定を行います。その際、太陽電池モジュールの導通チェックを行うのですが導通が無い場合が良くあります。

 

太陽電池モジュールのフレームやアルミ架台の表面はアルマイト処理がされているので、絶縁状態となっています。

そのため施工する際にアースプレートや渡り配線などで電気的に接続する必要があります。

またアルミ架台の横ラックと縦ラックも同様にアース線でつなぐ必要があります。

 

アルミニウム自体は電気を通すので、ついつい忘れがちなミスです。

また、渡り配線を架台に打ち込む際、インパクトドライバーでビスを回しすぎて緩んでいる場合も見つかります。

 

接地処理は感電事故を防ぐためにも確実な施工が必要です。

 

 

お気軽にご相談ください

お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県|徳島県|香川県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり