スポット点検サービス
- PER INSPECTION SERVICE -

IVカーブ特性測定
IV CURVE MEASUREMENT

IVカーブ(電圧電流特性曲線)測定は、太陽電池モジュールの状態を把握する重要な測定です。

I-Vカーブトレーサーによる特性検査

I-Vカーブトレーサーによる特性検査

I-Vカーブ特性検査とは、太陽電池モジュールの性能試験の一つでメーカー出荷時には必ず行われている検査です。太陽電池モジュールを発電状態にして、電流値・電圧値の変化を測定・解析してグラフ化したものがI-V特性カーブです。太陽電池モジュールを直列につないだ単位(ストリング)ごとに測定を行います。

I-V特性カーブ

I-Vカーブトレーサーによる特性検査1

正常なIVカーブは滑らかな形状をしており、異常があるときは多くの場合IVカーブの途中に曲線がみられます。
また、同じ太陽電池モジュールを測定しても、測定時の日射量・パネル温度などの測定条件によりIsc(短絡電流値)・Voc(開放電圧値)などの太陽電池モジュールの性能評価を行う重要な要素が大きく変わってしまいます。
ソラパトでは、測定時の日射量・パネル温度をデータロガーで記録し、測定データを基準状態(STC:Standard Test Conditions)に補正して評価しています。

I-Vカーブトレーサーによる特性検査1 I-V特性カーブは異常がある場合は曲線に乱れが出るのですが、内容によっては発見しづらい場合があります。
そこでソラパトでは、同時に複数のストリング測定を行い、相対比較することにより確実な判定を行っております。

お気軽にご相談ください

お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり

メンテナンス対応エリア
SERVICE AREA

【関東地方】東京都|埼玉県|神奈川県|千葉県|群馬県|栃木県|茨城県|山梨県
【中部地方】静岡県|愛知県|岐阜県|三重県|長野県
【関西地方】大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県|奈良県|和歌山県|岡山県|徳島県|香川県
【北陸地方】石川県|福井県|富山県
【九州地方】福岡県|佐賀県|長崎県|大分県|熊本県|宮崎県|鹿児島県
※上記エリア以外でもお気軽にご相談ください

ページトップへ
Copyright © SOLARPAT All Rights Reserved
お客様相談窓口 0120-920-137 お問い合わせ・お見積もり